Deprecated: Function split() is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/offender/index.php on line 2

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 661

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3677

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3771

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3820

Deprecated: Function ereg() is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/template/variable/common.php on line 31
加害者の方|NPO法人ジコサポ東京

交通事故サポート会東京支部から加害者の方へ

交通事故を起こしてしまったら・・・

交通事故の加害者がやってはいけない事イメージ画像

まず初めに、交通事故の加害者になってしまった場合絶対にやってはいけない事があります。

絶対にやってはいけないこと

その場での示談・約束・念書を書くなどの行為は絶対にやらないでください。道路交通法 第72条第1項に記載されています。警察に連絡をしない場合、あなたは法律違反となります。

事故発生後の適切な流れ

交通事故の流れフロー

事故発生後、以下の流れにそっておこないましょう。事故により気が動転してしまったり、パニックを起こしてしまう場合がありますが、被害に合われた方を第一に考え、被害者の為に誠実な対応をしましょう。

①負傷者(被害者)の方を救護しましょう
第一に人命救助です。 被害者や同乗者の方が、負傷されていないか確認をし、負傷している場合には、即座に119番救急車両を呼びましょう。 緊急性がある場合には、蘇生処置も必要です。

②警察へ連絡をしましょう
「軽い事故だったし、相手も痛みがない様だし…」と思って連絡しない場合、法律違反であると共に、お互いの利益にもつながりません。 交通事故を起こしたら警察に必ず通報しましょう。

③保険会社へ連絡をしましょう
ご自身が加入している自動車保険の保険会社、またはその代理店に電話して下さい。 110番のあと必ず保険会社さんにお電話して下さい。 仮にパニックになったとしてもここで保険会社さんが指示をしてくれますので、ここまで無事にこなせればこの後のことは覚える必要はないのかもしれません。

④現場の証拠保存をしましょう
警察が来るまでの間、事故の状況を保存しておきましょう。 そのままでは交通の妨げになる場合、車輌等を移動させる前に写真で証拠を残しましょう。 ※保存する写真は、携帯電話やスマートフォンのカメラでも十分です。

⑤相手(被害者)の確認をしましょう
相手の車のナンバーや運転者の免許証、車検証、保険証、強制保険の保険会社、任意保険の保険会社等の確認をしましょう。

⑥記録を残しましょう
交通事故の際の記憶はあいまいになりがちです。 知り得た情報やご自身や相手の行動は、必ずメモにして残しましょう。 場合によっては、現場を目撃した方にも事故の状況を確認し、目撃者のお名前・住所・電話番号等を確認しておきましょう。

⑦保険会社任せではなく、あなた自身も対応したほうが結局はスムーズです
良くありがちな話ですが、加害者になった場合、すべてを保険会社に任せてしまうケースが多くみられます。

加害者の方こそジコサポ専門家のサポートが必要です

ジコサポのサポートイメージ画像

加害者の方にも権利があります。
先ずは治療を受けて下さい。

そして交通事故の加害者になってしまうと、
後々様々な問題や悩みが発生します。

「加害者」とは過失割合によるその時の呼び方で、
過失割合が変われば、今まで加害者とよばれていた方が
「被害者」にもなります。

「過失割合」も結局は話し合いです。
本当はあなたは「被害者」なのかもしれません。
その交渉をご自身でやられるのは不可能に近いです。

加害者の方こそ、最初からNPOジコサポのサポートを受けられることをお勧めします。

先ずはお電話下さい!
全て無料で相談にのらせていただきます。