Deprecated: Function split() is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/faq/mutiuti/index.php on line 2

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 661

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3677

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3771

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3820

Deprecated: Function ereg() is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/template/variable/common.php on line 31
レントゲンで異常が無いと言われたんだけど・・・|交通事故による問題|NPO法人ジコサポ東京

レントゲンで異常が無いと言われたんだけど・・・

レントゲンで異常がないと言われたんだけど…『むち打ち編』

むち打ちはレントゲンやMRIには写らないケガです。

筋肉や腱、靭帯はそうめんの束のような繊維の固まりなんです。

それが交通事故での衝撃により、このそうめんのような軟部繊維が部分的に何本か何十本か断裂します。

交通事故での衝撃は時速5キロ程でも、体には1トン以上の衝撃がかかります。

頭は5~6Kg程の重さがあり、これがものすごい衝撃と共に強制的におじぎをさせられます。

骨や神経がどうかなるのではなく、筋肉や腱、靭帯等のそうめんのような軟部組織に細かな傷がつきます。 傷ついたので、そこから出血をし、わずかながら体液も漏れ炎症を起こします。 ただこれはレントゲンやMRIには細かすぎて見えない話です。

それなので、何も写らないのに痛いのは当然です。

もちろん骨や神経にも異常はありません。

つまり骨折や脱臼をしていないので、そのまま治療せずに放置して悪化させてしまう場合が多いのです。 健康な人は元々健康なので電気を当てて、牽引、湿布、痛み止め、でもよくなるかもしれませんが、でもそれでは良くならないという方から多く相談を受けます。そんな時はむち打ち専門プログラムを受けることを強くお勧めします。

むちうちプログラムをおすすめする理由

そのまま年単位で時間が過ぎて、治療打ち切りとなりそれでも痛いから治療を受けたいという方の相談を多く受けます。 どんなひどい怪我でも人間には自然治癒力があるので数ヶ月で治ります。

例えば人体の中で骨がくっつくのに一番時間のかかる太ももの骨(大腿骨頸部)の骨折でも12週間で治ります。 これが人体の中で治るのに一番時間のかかるケガという意味です。

でも世の中には年単位でケガが治らなくて痛いと訴えている被害者さんがたくさん見えます。

これは何かと言ったらよっぽど高次脳機能障害とかいった例外的なものでなければ 原因は筋肉の異常緊張です。

簡単に言うと「筋肉のコリ」です。

むち打ちとは簡単に言うと首というたくさんの関節がある大きな関節のひどい捻挫です。

頸椎は7つあるのでひどければ7つかそれ以上の関節が同時に捻挫をしているということなので、それは一生にそうない程の大けがです。 体全体で7カ所同時に捻挫するようなケガだったら普通最初から入院していますよね。 そしてこれはケガなので、時間が経てば必ず治ります。

そして人間痛いので
痛い→痛いから動かさない→動かさないので体も固くなり筋肉も落ちてしまう →更に痛い→更に動かさない→更に固くなり筋肉も落ちる
この悪循環に入ってしまっているだけなのです。

こういった方がまだ痛いのでレントゲンやMRIを撮って検査をしたけど異常はないと言われ、
「でも痛い!」と訴えて相談に来られます。

画像では異常はないので治療をうち切ってほしいと保険会社さんからいわれたが、まだ痛みがあるといった相談も多数受けます。

それはそうで元々骨に異常はないので、前述のとおりレントゲンやMRIには何も写りません。
あまりにも細かい微細な軟部繊維の傷が付いている捻挫なのでMRIにすら何も写らないのです。

交通事故のむち打ち専門プログラムを受けることが大切です!

触れない部分の奥の部分の筋肉が痛んでいるので、その緊張をとり手で治療を受けることです。

一度お気軽にご相談下さい、
専門治療を行う医療機関を紹介させていただきます。

複数の医療機関との同時通院、転院可能です!もちろん転院手続きまで代行します。

きちんと治療をしておかないと 10年20年続く交通事故の後遺症を残すことになります。

交通事故には専門の知識と専門家のアドバイスと相談が必要になってきます。
交通事故にあったらどうするかということを想定して生活している方はいません。 それなので何が分からないのか分からずに保険会社さんと対応されている方がたくさん見受けられます。 交通事故のプロに素人が交渉して勝つことは不可能です。 また体を傷めて、痛みがあるのは被害者のあなたです。

一人で悩んで、それをうやむやにしても痛みはなくなりません。
そのために立ち上がったNPO法人交通事故サポート会です。

交通事故に関することなら何でもお気軽にご相談下さい。 無料相談随時承っております。