Deprecated: Function split() is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/faq/isharyou/index.php on line 2

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 661

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3677

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3771

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/qdmail.php on line 3820

Deprecated: Function ereg() is deprecated in /home/c0c0r0/jikosapo-tokyo.com/public_html/template/variable/common.php on line 31
慰謝料や休業補償はどうすればいいの?|交通事故による問題|NPO法人ジコサポ東京

慰謝料や休業補償はどうすればいいの?

慰謝料や休業補償はどうすればいいの?

慰謝料はどうすればいいの?

交通事故が起きることによって様々なひずみが起きます。 車に乗ってどこかに向かっていたということはその行き先に行けません。
そこで1時間以上警察を待ったり実況検分したりとかかなりの時間と労力をとられます。

また数ヶ月間治療を受けたり。
夜寝られなかったりであったり。
痛みもあります。

交通事故が起きたことによって現実に様々な制約が生まれます。 このように交通事故の被害者には様々なことから、多くの肉体的・精神的苦痛が伴います。
そんな時、それを少しでも癒やす役割を果たすものが慰謝料です。

しかし、一般人である被害者の方々には、正当な金額を知ることは困難です。

何が請求できるのか?
その額は?
いつまでに?

請求されなかったものを払わなかったといって罪になった人はいません。 支払い金額も多いか少ないか分からない人に、少なく提示して相手がいいよと了承して、少なく払って罪になった人もいません。

慰謝料や補償の部分は「民事」の部分です。「民事不介入」といって「民事」の部分に警察が介入することは出来ません。
「業務上過失傷害」や「業務上過失致死」といって相手を死なせたり、ケガをさせても慰謝料を払わなければいけないとか、慰謝料をいくら払わなければいけないとかいう、法律もありません。
「離婚」するときに慰謝料ゼロでも罪にはならないし、慰謝料いくら払わなければいけないとかいう、法律がないのと交通事故の場合も全く一緒です。

そこで、交通事故には専門の知識と専門家のアドバイスと相談が必要になってきます。
交通事故にあったらどうするかということを想定して生活している方はいません。
それなので何が分からないのか分からずに保険会社さんと対応されている方がたくさん見受けられます。
交通事故のプロに素人が交渉して勝つことは不可能です。
また体を傷めて、痛みがあるのは被害者のあなたです。
一人で悩んで、それをうやむやにしても痛みはなくなりません。
そのために立ち上がったNPO法人交通事故サポート会です。

交通事故に関することなら何でもお気軽にご相談下さい。
無料相談随時承っております。

休業補償はどうすればいいの?

これは交通事故によって仕事が出来なかった給与(所得)補償の話です。

主婦でももちろん休業補償が出ます。

自賠責保険の算定基準においては、基本的に5700円/日です。 お勤めをされているようでしたらもちろん休業補償が出ます。 (職場から資料を用意していただきます)
有給を使用したときも休業損害になります

簡単に説明すると過去3ヶ月前までさかのぼってもらってその平均給与が休業補償となります。

例えば1ヶ月の給与が30万円の場合
30万円+30万円+30万円=90万円/90日=1万円
1日の休業補償は1万円となります。
最高は19000円/日です。(自賠責保険支払基準)
休業に伴う賞与の減額も原則的には、支払い対象となります。
また、不支給、昇給、昇格遅延による損害も支払対象となる場合があります。

しかし、一般の人である被害者の方々には、正当な金額を知ることは困難です。
そこで、交通事故には専門の知識と専門家のアドバイスと相談が必要になってきます。
交通事故にあったらどうするかということを想定して生活している方はいません。
それなので何が分からないのか分からずに保険会社さんと対応されている方がたくさん見受けられます。
交通事故のプロに素人が交渉して勝つことは不可能です。 また体を傷めて、痛みがあるのは被害者のあなたです。
一人で悩んで、それをうやむやにしても痛みはなくなりません。
そのために立ち上がったNPO法人交通事故サポート会です。

交通事故に関することなら何でもお気軽にご相談下さい。 無料相談随時承っております。